狙われたのは裁判官か弁護士かネガティブ・ケイパビリティ~Futures Literacy

2020年07月25日

ときめき学~Futures Literacy

『WIRED』という雑誌の特集「FUTURES LITERACY 2020年代の必須科目30
をシラバスにして ときめき学 を学んでみました

講師は 慶応義塾大学で数理心理学や学習科学を学ぶ2年生の山本愛優美
起業家であり 現在は「e-lamp.」という感情で色が変わる間接照明を開発されています

教材は 「銀の匙 Silver Spoom」( 荒川弘 小学館 )
週刊少年サンデーに連載されていた アニメにもなり実写映画にもなった漫画
主人公も山本愛優美氏も 帯広の高校生で起業家というところが共通していますね

ときめき学は 人がどのようなときにときめくのか
そのプロセスの可視化 と ときめきの指標化 を行うもの 
  
  ときめき 胸がときめくこと
  ときめく 喜びや期待などのために 胸がどきどきする (大辞林)

ときめき って 自分の欲望が源泉
答えは自分のなかにしか存在しないからこそ
直感や思考を深堀りし 自身をより知っていく必要がある

  自分の気持ちをうまく言葉にできれば
  苦しいとき うまく本音を吐き出せるから (銀の匙34話参考)

山本愛優美氏によれば 「ときめき」の日本語論文って1610件あるらしく
わたしが調べてみても
 「ときめき」という心理現象の実態把握-対象と生理反応の自覚を中心に-
 (長崎芙美 河島三幸 野村美佳 阿部恒之 日本心理学会大会発表論文集2009年73巻)
などが見つかりました。

「ときめき」 は 広辞苑だと
  喜びや心配などの強い感情のために 胸がどきどきすること
という「心配」も対象です。
  未知の世界に踏み込んでいくときの怖さ (銀の匙102話参考)
ということでしょうか

「人生がときめく片づけの魔法」の「ときめく」も ちょっと違いますね


judge_nori at 23:36│Comments(0)Futures Literacy 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
狙われたのは裁判官か弁護士かネガティブ・ケイパビリティ~Futures Literacy